La☆La☆La☆La☆Latin

日本へ向けて・・・

6時起きだというのに、日本に帰る嬉しさと旅が終わる悲しさ、そして一緒に楽しんだ仲間との別れと気持ちが入り混じって、胸がどきどきして一睡もできぬままパナマのトクメン空港へ向かう025.gif

タクシーの中も無言で(眠さもあったし)、ずーーーーーっと胸がどきどきどきどきしてた。
到着してコロンビアへ行く二人にお別れをすると更に寂しさが増してき、午後2時の便まで何をするわけでもなくぽぉ~と待ってました009.gif

5時間程待ち、マイアミへ。
飛行機の中で飲んだ100%のオレンジジュースの味に感動。
中南米のパックのオレンジジュースは砂糖が入ってたり、100%じゃないことが多かったので、オレンジジュース好きな私はとっても感動005.gif

そしてアメリカの空港の大きさにびっくり!!はぁさすがアメリカ005.gif

マイアミはメキシコに近いせいか、アナウンスも標識も周りの人たちも英語とスペイン語の両方が飛び交う。両方聞いてると自分がどっちでしゃべっていいのか頭が混乱(>-<)
英単語がでてこず、ごっつい下手な英語で会話・・・・・(汗)
変な感じ。

マイアミは朝6時の便なので空港泊。
前の日寝てないのに、朝4時のチェクインに起きなきゃ!という気持ちと寝心地の悪い椅子、そしてまた、この1年半を思い返しいろいろ考えたりして、結局この日も一睡もせずにシカゴへの便へ乗り込む。

さすがに2日寝てない私は離陸に気付くことなく、気絶したように眠ってしまった。

シカゴに着くと、更に大きな空港の上、日本人も多く、チェックインも日本語でできてしまう。すごい!すごい016.gif
おまけにトイレに入ると便座が付いてるし、カバーかかってるし、トイレットペーパーがあって、一番の感動はトイレットペーパーを流せるってこと!016.gif
中南米は流れが悪いので常にゴミ箱に捨てなきゃいけなかったから、「え、ほんまにここに流して大丈夫!?」っていちいち考えてしまう(笑)

そして、とうとう「日本に帰る」という実感が湧いてきた。旅の終わりの寂しさにもフンギリをつけ、あとは13時間のフライト+成田から伊丹のフライトへ乗り継げば関西へ到着だ!(まだまだ道のりは長い・・・・(笑))

この後は機内食とワインで長いフライトを楽しむか~069.gif
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-02-07 16:06 | C.A. Panama

四角い木

6日の帰国までまだ時間があったので、うわさの四角い木を見にEl Valleまで行ってみようということになった。
パナマからバスで3時間ほど。自然に囲まれためちゃめちゃいい感じのところだった。

宿が高いと聞いていたが、中心のバス停からパナマ方面に歩いて5分、左手のレストランが実は安宿だったりする。名前忘れたけど、すぐ見つかるよ。Infomationもあるし。3人で18ドルでした。

さっそく、四角い木のあるといわれているHotel Campestreへ向かって歩く中見つからんかったらこれを四角い木に認定しようと撮った写真(笑)
e0150782_15145754.jpg

そしてホテルの敷地内に侵入。
「これも四角っぽい!あれちゃーうん!?」といいながらいい感じの散歩。
e0150782_1514592.jpg


そうすると、ちゃんとサインがあった。四角い木。英語でも、スペイン語でも四角い木。(笑)幹がね。
e0150782_15145860.jpg

ちょっと写真じゃ分かりずらいけど、確かに四角だったよ。すっごい感動はないけど、いい場所だった。

次の日は「黄金のかえる」を見に動植物園へ。
ここが意外におもしろかった。森の中にそのまま動物園を作った感じ。
e0150782_1527958.jpg

お面をかぶった鶏なんかもいるし、意外におもしろい動物がいる
e0150782_1515022.jpg

蛙の館
めちゃめちゃごつい蛙。腕と足がプロレスラーや。
e0150782_1515191.jpg

青色のかわいい蛙。毒蛙であろう。
e0150782_15145869.jpg

そして、お目当て黄金の蛙。黄色ちゃうで!!
e0150782_15145987.jpg

と、結構いろいろ楽しめたエルバジェでした。
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-02-04 15:14 | C.A. Panama

San Blas Islands!!

最後の見所となったパナマのサンブラス諸島。
もう、険しく大変な道のりはもういや!と思い、飛行機で飛んでしまいたかったが、風邪をひいてたこともあり、変更しやすい車&船で行くことにした。
いやいや・・・・本当は船はもう遠慮したいところなんだけど、船はたった30分の道のりなので大丈夫だろうと思っていた。

ところが、なんと先月の洪水のせいで橋が流され、遠回りをして車二時間、船二時間という。(値段もいつもは$25→$50 飛行機は$6,70008.gifあんまかわんない)
でも、仕方ないのでコーン島の7時間に比べたら!!と思い、船に乗る。
船着場にはクナ族の人々も待っていた。
e0150782_14342188.jpg

おお、みんながビニールシートをかぶっている!!これはやばい!
e0150782_143359100.jpg

サンブラスから帰って来る人もべっちょべちょ。いや・・・これはかなりやばいな・・・・008.gif
今日は波が高く、ぼっこんぼっこんと跳ねる、飛ぶ、濡れる・・・
最初はアトラクションの様で学君と私はきゃっきゃ楽しんでいたけど、それももう1時間も続けば飽きてくるわ、お尻は打ち身で痛いわで・・・007.gifそして悲惨なことに、今日は天候が悪く、4時間もかかってしまった私のお尻は青あざが・・・。
「過酷な旅はもう嫌なのに・・・」
e0150782_1434094.jpg

サンブラス諸島は350以上の島々からなり、モラと呼ばれる伝統衣装で知られる先住民クナ族が居住するところ。すべての島に人が住んでいるわけではなく、人が住んでいるところはこんな感じで家が密集して、砂浜もなく、自然トイレ(海)が各家庭に設置されているので泳ぎたいとも思えないかな。(笑)
e0150782_1434051.jpg

その自然トイレにはちょっと感動する。当然手作りトイレなので簡易小屋(なんか隙間から見えそう(笑))に便座が着いているだけ。トイレを覗くと下は海。用を足すと、かわいい053.gif色とりどりの016.gif魚さんたちが“餌”に群がる・・・素敵な(?)光景が見れる。(笑)かなり感動したけどな016.gif
一日目は移動でぐったり・・・。

二日目は島巡り。
これこそ、私の求めていたリゾーーーーーート053.gif
e0150782_1434128.jpg

こんなウソみたいなやしの木一本の島まである。
e0150782_14341145.jpg

途中で止まって、見つけたウニ科のスカシカシパン。かわいい名前。
しょこたんブログを読んでいた子がスカシカシパン知っててごっつい喜んでた(笑)
めちゃめちゃかわいくって、テンションあがっちゃう016.gif
e0150782_14341116.jpg

e0150782_143412.jpg

おまけに英語名Sand dollerっていうの。
子供の絵本Eric Carleの「やどかりのおひっこし(A House for Hermit Crab)」の中に出てくるSand dollerってこのことやったんかぁ!!!って感動した005.gif

そして、ここはIsla de Pero。これこそ南国!
e0150782_14341985.jpg

e0150782_14341285.jpg

手のひらの倍くらいあるひとで。
e0150782_14341366.jpg

そしてここは沈没船があって、そこが魚のすみかになっている。シュノーケルでくるっと回ってみる。
e0150782_14342018.jpg

e0150782_14342057.jpg

ここはほんまにすごかった~001.gif
e0150782_14335980.jpg

3日目も違う島に行って、のんびり。行きは本当に過酷なたびだったが、帰りの波はそれほどきつくなく、2時間で着いた。もう、旅に思い残すことなし!めっちゃ楽しんだ!!
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-02-01 14:30 | C.A. Panama

パナマ運河

ここ最近本当に体が弱い・・・。移動するとすぐ疲れるし、風邪をひく。また、風邪をひいてしまった。寝込む002.gifなーーーぜーーーーー007.gif

なってしまったものは仕方ない。さっさと治して、せっかくパナマに来たんだから運河でも見にいこう!

行き方は簡単。ターミナルまでバスに乗り、そっから他のバスに乗り換えてミラフローレス水門へ。
午後からは大きな船が多いらしい。着いたらもうすでに大きな船が入っていて、水位を落としていた。
いそげーーーーー!!!!猛ダッシュ!!!一緒に来ていたかなこちゃんはマイペースで歩いてくる(笑)
e0150782_15192737.jpg

e0150782_15192814.jpg

規模がすごすぎて、こんなに感動できると思わなかった。さてと、下へ下りて博物館を回ろうかと思ってたらまたまた一艘また一艘と結構船が入ってくる。

ちなみにここの通航料が高く、平均で500万円かかるらしい。
最高額が313000ドルで、最低額が1928年に泳いで通過したアメリカ人が払った36セントらしい。
ほんまにアメリカ人は・・・(笑)

パナマって他にたいして見るものがないと思ってる私だったので、サンブラス諸島以外あまり興味なかったのだけど、最後の国だからお土産でもみようとコロニアル調の旧市街へ行った。コロニアルの町ももうだいぶ見てきたのでどうってことないやろと思ってたけど、来て見るとのんびり静かですごくいい雰囲気の町だった。
e0150782_15192894.jpg

おまけに久々に見た高層ビルたち。なんだかわからんけど、みんなではしゃぎ、写真を撮る。(笑)
e0150782_15192851.jpg

気持ちのいい天気!2ドルくらいしてちょっと高いけどおいしいアイスクリーム屋さんも発見!
e0150782_15192928.jpg


晴れの続くパナマでの外歩きが多かったせいもあり、日焼けした。
そして、長いこと化粧水を使ってなかった私にかなこちゃんが韓国のパックをくれた。
美和ちゃんのお肌さん、お疲れ様~
e0150782_15194230.jpg

[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-28 15:14 | C.A. Panama

ああ、違う国

サンヘラルド・デ・ドタを朝早く出発し、昼に国境へ着く。
パナマは書類に結構うるさかった。
なぜだかよくわからないが、パスポートをわざわざコピーして提出しなければならなく、またクレジットカードの、パナマ出国チケットの提示を求められる。これは全部クリアー!

国境から1時間走ったところのDAVID(だび)という町で夜行バスを待つ。
晩御飯に入ったバーレストラン、なんでだかはわからないけど違う国に来たなぁ~っていう気分になった。
きっとコスタリカが発展しすぎてたせいかな!?
e0150782_1582588.jpg

[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-26 15:03 | C.A. Panama

幸せを運ぶ鳥!?

幸せを運ぶ鳥かどうかは知らないけど011.gifコスタリカと言えば、みんなケツァールを見にやって来るといっても過言でないくらい、みんなケツァールを見に来る。おっきな望遠鏡とカメラを持って、ツアーに参加。
私も観光客のひとりとは言えど、なぜかツアーで、特に自然の中をぞろぞろ行くのが嫌だし、美しい鳥はたくさん見てきたのでどっちでもいーやとなってたのだが、なんと実は今が時期だったのだ。雄の羽が生え変わり、一番美しいらしい。ということならば、行かねばならぬ006.gif


いろんな人のブログを参考にして見つけた場所、サンヘラルド・デ・ドタ。
市バスで大きな通りまで出て、そこからは長距離バスしか通らないらしいので、近距離を行くには割高。おまけに席も空いてなく床に座り、更に渋滞に巻き込まれること1時間・・・・。

事故かと思っていたけど、一応外に出て立ち入り禁止の黄色いテープまで行ったら、なんと交通事故ではなかった。まさかの誘拐事件だった。嫁に浮気をされた夫が怒りに狂って、浮気相手を銃で脅し車に乗せ、これから嫁の所へいって二人を殺す言っているらしい。それを警察が道路封鎖をし、止めていた。待ってる人たちはもう4時間も待っているという。というのも、警察の人が下手に手を出して警察の車をぶつけたり壊したりすると、個人での弁償になるらしく、果敢に攻めることはできないと言う(なんじゃそれ・・・・)
e0150782_2213440.jpg

機動隊到着。1時間後に3発の銃声を聞き、終結したようだった。結局その後ニュースも見れないままだったのでどうなったのかはよくわからないが、終った後に戻る警察の車と一般の車がぶつかってそこでもまた問題になってたみたい。えらいこっちゃ025.gif

1時間でいけるところ4時間ほどかかってようやく到着。
到着地からまたさらにタクシーで10km行かなければならないのだが、たまたま高級ホテルに予約していた人たちと同じ車に乗れたので安く乗せてもらった。ラッキー049.gif

サンタエレナの森のように何も見れなかった・・・じゃ悲しいのでガイドをつけて行こうと思うも明日はガイドさんが出かけていていないという。仕方ないので明日は自分で探しに行くことにした。
4時半起床。眠く、暗い中とぼとぼ歩きながら探す。一応ケツァールが好きだと言われるリトルアボカド(Abocatillo)の木に止まっていることが多いらしいので、探すもどれがリトルアボカドの木が全くわからない・・・。007.gif
宿の人が親切にも地図を描いてくれたのに、どれも同じ木に見えるよ。。。とほほ。

だんだん明るくなってきたときにちょこちょこ高級ホテルに泊まっていて、ケツァールツアーに参加されてるグループにちらほら会う。そして、1グループがじーーーーーーっと望遠鏡をのぞいているのでそっと近づいて聞いてみると「覗いてごらん!あそこに一羽雄鳥が見えるよ!」とめっちゃくちゃ高そうでいい望遠鏡を覗かせてもらう。
e0150782_2213448.jpg

2,30m先だったけど、リトルアボカドの木に一箇所だけ全く違った美しい緑色が見える。
望遠鏡を使って写真まで撮らせてくれた親切なガイドさんだった。

しかも、その日は本当に私ラッキーだったようで、他のグループは一羽も見れなかったらしい。tengo buena suerte!066.gif

ちなみにケツァールは手塚治氏の火の鳥のモデルらしい。これ↓
e0150782_22131379.jpg

なによりもよかったのが宿の人たち。(旅しててこれ一番大事かも!)
宿の値段もご飯もかなり良心的。ご飯のボリュームもすごい!!
生簀があるのでそこで朝採ってきたTrucha(ます)のご馳走。
e0150782_2213257.jpg

いつも笑顔で素敵な親子。娘さんは英語もできる。
e0150782_2213320.jpg

ここで唯一昔のまきコンロ!?を使ってるんだって~。これで作ったスープとか飲んでみたかったな。
すごい素敵な時間をすごさせてもらいました。ありがとう!
e0150782_2213342.jpg


宿情報
「COMIDAS TIPICAS MIRIAM」
Tel 2740-1049 / 2740-1054
lilex@hotmail.es
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-24 23:48 | C.A. Costarica

Cartago

またまた、首都に一泊・・・と考えたが、首都に泊るのは気がすすまんので首都から1時間東にあるカルタゴに泊ることにする。

近くにはオロシ渓谷という景勝地。
はっきりいって何か特別な物を見れる町ではないので、観光客は少ない。
それが却って私にはいい。

たまたま見つけたバスターミナル前の宿、DINASTIAも外見とは違い中はとてもキレイで、オーナーの二人がとっても良い人。旦那は今一生懸命英語を習いに学校へ通っているらしく、英語も通じて、パソコンのことや次の宿の予約など本当に親切にしてもらった。

宿がよかったり、出会った人が良ければその町の印象がまた違って見えるものだ。

ちょっと曇り空だったけど、オロシMirador(展望公園はBBQなんかもできちゃうきれいな公園)から見えるオロシ渓谷はとっても美しかった。
e0150782_10563767.jpg
e0150782_1056374.jpg

良く見た葉っぱ蟻。何回見てもおもしろい。
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-22 10:56 | C.A. Costarica

温泉!?

Santa Elenaから観光ルートを通ると35ドルでボード+ジープで3、4時間で行けるところ、もったいないのでローカルバスを乗り継いで(7ドル)、湖の周りをぐるっと回り8時間程かけて(乗り継ぎの待ち時間3時間)Fortunaという火山のある町へやってきた。
e0150782_10245184.jpg


いつもは赤い溶岩を見学できるらしいが、残念なことに今はなかったので、温泉を楽しむことに。
温泉と言っても、コスタリカではグアテマラのように温泉文化がないのか、安い地元の人がいくような温泉は一か所だけだという。またそれが川が温泉になってるというもので、すごく興味深かったが、ローカルバスはほとんど走っておらず、これ自体ツアーで行くようなものになってるところが多い。
他の温泉と言うのは日帰り(+ビュッフェ)で$20~$80というような高級風呂。
ローカルな温泉がいいが、人が多いのと時間制限されてるとゆっくり入れないのはなにしに来とるのかわからんから、ここはお金を出して高級温泉を楽しんでみることにした。

行った所はその中でも最も安いBaldiという温泉。
入場券をツアー会社などで買う($18~)。店によって全然価格が違うので色々まわるといい。
温泉までは10分ほど。ほとんどはTransportationは付いてないので、タクシーに乗る。
私が買ったところはお迎え付きで20ドル。Gringo Petesという安宿にて。(宿も一泊6ドル)

Baldiの入り口
e0150782_10245298.jpg

ずーっと続くジャングルの中を歩いているかのように思わせる道
e0150782_10245337.jpg

20か所くらい色々な温泉プールがある。滝があったり、ジャグジーが付いてたり、ラテンの音楽流れてたり(落ち着かんやん!(笑))、寝そべってはいれたり。そして、ここは温泉の中のBAR。すっごい!
e0150782_1024524.jpg


私は人の少なく、お湯が一番きれそうな上の方の熱めのところにずっといた。
白人は熱いお湯に浸かる習慣がないので、38℃以上は熱くて入ることすら無理そう・・・・
なので、ほとんど人が来ないからのんびり、ゆっくりとすることができました。
[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-18 10:23 | C.A. Costarica

動物大国コスタリカ

物価が高い高いと聞いていたが、本当に高くてびっくり!
中米でここまでの物価の国があることにびっくりした。
庶民食堂でも4,5ドルはするし、スーパーでの値段も安いとはいえない。
バスはそこそこ安いのもあるのだが、本数が少なかったり結構不便なので旅行客は高い便利なツーリストバスを使う。安宿があったのは本当に助かった。クオリティーも高い。

まず向かった先はサンタエレナ村。本当は観光地化されすぎている場所は好ましくなかったけど、やっぱり動物に会える国立公園に手軽に行けるっていうところでここを選ぶ。
ここには有名なモンテベルデ国立公園と訪れる人が少ないサンタエレナ国立公園があったので、サンタエレナへ行くことに。それでも入場料14ドルするからなぁ。高いなぁ。

おまけに5時半に起きるも、大雨。最近はついてないのか・・・。おかしいなぁ晴れ女のはずなのに。歩けど歩けど、見たいなまけものにも会えないし、動物だってこんな雨の日に動きたくはないわなぁ~と思いながらあるく。
カッパにも雨がしみてくるし、上を見上げて動物探したいのに雨が目に入るからずーーーっと下を見ながら、結局見たのは黒い小鳥3羽のみ。(悲)(笑)021.gif
まあ、天候だけは仕方ないけどな。やっぱりガイドつけなきゃ難しいのかなぁ~・・・

と思ったら、次の日は宿の目の前になまけものが降りてきた!
まるまったままでほとんど動いてるところは見れなかったけど。まさか宿の近くまで出てくるなんて!!と感動!
なまけものはほとんど動かないらしいよ。食事も一日に葉っぱ2,3枚しか食べへんらしいし。
なまけものにはまって、夜はなまけものについて調べたり動画とか見たりしてた。
動いてるところめちゃめちゃかわいいよ!!


そして蛙館へも訪れる。ガイド付きでひとつひとつの蛙について説明を受けた。
夜行性の蛙が多く、館内は懐中電灯を持ってあるく。かわいい053.gif
e0150782_6202631.jpg

e0150782_6202795.jpg


夜の方が動物よく見れると聞き、ガイドもついてるということでNight Walkへ行く。
でっかい昆虫や、鳥、なまけもの、さすが観光地!ガイドのサービスも満点!しっかり見せてくれる。
タランチュラがこんな近くに!!
e0150782_6202427.jpg


そしてZip line(Canopy)なんかもやっちゃったり。
e0150782_6202517.jpg

こんなやつ。
e0150782_6202694.jpg

計20本くらいをばんばんと行く。めちゃめちゃ高いし、景色は最高!

宿にいたかめちゃん
e0150782_620241.jpg

[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-12 06:20 | C.A. Costarica

中米の道のり

中米はこんなかんじになってます。コーン島はカリブの島。
e0150782_6182497.jpg

[PR]



# by hungrymiwa | 2011-01-09 06:14 | C.A. Nicaragua

旅へ飛び出せ!!
by hungrymiwa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧