La☆La☆La☆La☆Latin

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧




戻ってきたDF(mexico city)

メキシコシティに戻ってきました。
やっぱりシティも建物はキレイだなぁ~。
e0150782_936043.jpg

e0150782_936179.jpg

かわいいタクシー
e0150782_936536.jpg

16日は独立記念日。いろんな町でデコレーションがされ始めた。
e0150782_936390.jpg


初日に会ったまなみちゃんがカンクン、サンクリ帰りだったので話しを聞いて、お土産を見せてもらった。
サンクリやばい!お土産がかわいすぎる!!
e0150782_9355817.jpg

実はこれテントウムシらしい。(笑)やばすぎる!絶対行く!サンクリ決定!
e0150782_9355631.jpg

そして、この二人もひさびさの再会。半年ぶり。すっごい素敵な夫婦。いつもとても親切にしてくれた和み系。
みんなで牛タンパーティ。
e0150782_936426.jpg


ひさびさで嬉しくって、朝方までみんなで飲んでたよ。
まなみちゃん4時半の出発、よくやったなぁ~(笑)
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-31 09:34 | C.A. Mexico

Patzcuaro

モレーリアから1時間の所にある小さな町、パツクアロにやってきました。
やっぱりちっちゃくて、歩いて回れる範囲になんでもあるような町が好き。
屋台もいっぱいあるし、Mercado(マーケット)も近くにある。
さっそくセビッチェ屋台で昼ごはん。
e0150782_112866.jpg

メキシコのセビッチェはクラッカーと揚げトルティージャがついてくる。
e0150782_11272053.jpg

街並みもかわいらしく、統一されている。
e0150782_11264051.jpg

店の名前も赤と黒で統一されて書かれている。
e0150782_11285962.jpg

初めてトルティージャ屋さん発見!すごい量!
e0150782_11245819.jpg

山積み
e0150782_11253562.jpg

宿前のお馬さんに乗ってはしゃぐ子供たち。
e0150782_11232253.jpg

観光するような所ははっきり言ってないけど、こういう町で人を眺めてたり、しゃべったり、メキシコの文化を発見したり、色々考えたりしながら飲んでみたり、そんなことをする旅が好き。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-26 11:18 | C.A. Mexico

Moleria

モレーリアはグァナファトから3時間。ここもコロニアルタウン。

カテドラル。中南米の町には中心となる教会、カテドラルがあります。
このカテドラルは1640年から100年以上費やして建築された、プラテレスコ様式の聖堂です。
e0150782_8451352.jpg

州政府庁舎。18世紀に建てられた、当時の流行のバロック様式の建物です。内部回廊には、地元画家アルフレッド・サセルによるメキシコの歴史に関する壁画が描かれています。
e0150782_8451738.jpg

水道橋。
e0150782_8443754.jpg

[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-24 08:28 | C.A. Mexico

ロマンスの町 Guanajuato

かわいらしいから行ってみようよ!と久しぶりに宿で再会したたけちゃんとグアナファトに行くことに。
ターミナルに着いてから、市バスに乗り換え、町へと向かう。
e0150782_446486.jpg



バスの窓からみてるだけで、「かっわいい~053.gif」と胸が踊ってしまうくらいかわいい町。
町には地下道がたくさんあって、バス降りたところもトンネルの中。
e0150782_4422052.jpg

そこから宿まで歩く街並みもめちゃめちゃかわいい016.gifひさしぶりにうきうきしてしまう町056.gifというか、今まで見た中で一番かわいい町かも。
e0150782_4424169.jpg

e0150782_4483389.jpg

e0150782_4433348.jpg
e0150782_4473994.jpg


さっそく夜の町へ 夜の町もとってもロマンティコ。
e0150782_447613.jpg

e0150782_443211.jpg

e0150782_4493271.jpg

3日間毎日、あちこち歩き回った。
e0150782_4501889.jpg

e0150782_4485389.jpg

e0150782_4472798.jpg

e0150782_4502996.jpg


蛙のモチーフがたくさんあった。すっごいかわいい053.gif053.gif053.gif
e0150782_450260.jpg

e0150782_4501143.jpg

高い所にも登ってみる
e0150782_4445538.jpg

Callejon de Beso=口づけの小道 といわれる通り
隣同士で犬猿の仲だった2軒の息子と娘が恋に落ち、夜ごと2階の窓辺から身を乗り出して、路地を隔てて口づけを交わしたといわれてる。それくらい道の幅が狭く、観光客はここでちゅうの写真を撮ってた。さすがメヒコ!
e0150782_445658.jpg

この子は一人ちゅう053.gifめちゃくちゃかわいかった053.gif
32歳の美和ちゃんがやったらうえ~020.gifってなるでぇ。若いっていいわねぇ~(笑)
e0150782_445247.jpg

グアナファト大学。日本人の留学生も多い。
e0150782_4483942.jpg

そして、土日だけの居酒屋“峰路”。平日はすし屋。ラーメンもある。
たこ焼き明太子ソース、まぐろユッケ、串カツ、やっこなどなどのすばらしい品ぞろえ。
そして私たちが3日通ったのはオーナーのてつおさん・・・いや、大阪のゆかさんがめちゃめちゃおもしろく、素敵な女性で二人して大好きになったから!そしてそこで働くこうへい君やともちゃんも個性のあるちょー楽しい子たちだった。
e0150782_4435280.jpg


お客さんとも仲良くなって、とても楽しい時間を過ごさせてもらいました。
グアナファトへ来たら、是非!!「歩き方」のホテルMineroの地下にあります!
居酒屋峰路 http://blog.goo.ne.jp/minero-09
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-21 04:31 | C.A. Mexico

テオティワカン (Teotihuacan)

メキシコシティから1時間のところにある遺跡。
広くて暑かった。
e0150782_341056.jpg

e0150782_3411435.jpg

かわいいさぼてん達。メキシコっぽい~
e0150782_340329.jpg

e0150782_3404581.jpg

[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-19 03:08 | C.A. Mexico

タコスの国

南米を名残惜しみながら、新たな大陸中米に期待を抱き、思い出深いペルーを去る。
コロンビアでのトランジットだったため、サンアグスティンで一緒だった友達のCindyとママが空港まで来てくれ4時間の待ち時間お茶をする。初めてママに会ったけど、そっくりでとてもかわいらしい、コロンビア人らしく明るい人だった。
“なんでまだ彼氏つくらないの!早くつくりなさいよ~”とCindyに言い続けていた(笑)
お母さんのセリフとは思えへんわ。あはは。
e0150782_251329.jpg

メキシコシティに着いたのは夜。移動の疲れを癒し、翌日にまず一番にしたかったこと、それは「タコス」を食べること!メキシコと言えばそりゃあタコスでしょう!
さっそく黒いトルティージャ(タコスの皮)を見つけ、食べてみる。
e0150782_251666.jpg

きゃあ!うまい!サルサ(ソース)もあって、それがまたおいしい!
e0150782_2511965.jpg

ちーず、びよぉ~ん
e0150782_2513133.jpg

町のあっちやこっちにタコスの屋台が並ぶ並ぶ!どこに行こうかいっつも迷ってしまう~021.gif

煮込んだ肉を使って入れる所があるかと思えば、こんな風に肉を切っていれるところもある。
店によって本当にいろいろ。味もどっこも違う。
e0150782_2514511.jpg

おいしい臭いがあっちから、こっちから~016.gif
e0150782_2523359.jpg

泊っていたサンフェルナンド館の近くで一番おいしかった、煮込み豚のタコスの店。
おいしいタコス屋さんの見極め方は簡単!!それは人が多いところ!間違いなし!
e0150782_250838.jpg

中身だけ持って帰っておつまみにしたい~072.gif極うま!
(広場前の銀行の前にある屋台)
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-18 02:17 | C.A. Mexico

南米一周してしまった!

あらら001.gif長かったか、短かったか、南米を一周してしまいリマへ戻ってきてしまった。
リマに来たのは去年の9月14日。ちょうど11カ月。
11カ月ぶりに帰ってきたリマは相変わらずうす暗く、雨も降る毎日でした057.gif
バスの中で会った高校生とガールズトークなんかはずませて、朝ごはんを食べ、ホステルを探しにセントロへ。

やまちゃんお勧めのホステルエスパーニャは12時にならないとベッドが空かないというので、ホステルサンフランシスコへ。ドミにいたしょうこちゃんと話してて、もう一人の寝てた女の子の鞄となぜか枕元にあるハート型の洗面器を見て“キトで会ったさりなちゃんくらいの荷物を持った子がいるんだなぁ~”と思っていたら、さりなちゃんだった!!ていうか、なんで洗面器!?!?(笑)

そしてここから三人の食い倒れツアー
ペルーのランチは大盛!!!
前菜にまずセビッチェ!!(うわぉ!最初にセビッチェって!!なんて豪華な!!005.gif
e0150782_13282911.jpg

メインは魚介飯!めっちゃうまい!!016.gif
e0150782_1329213.jpg

夜は餃子を食べに中華街へ。中華料理ってほんまにすごいとおもう。世界一うまいんじゃないか!?

二日目は最後になるであろうセビッチェを。大盛!
1年分のタコは食べた
e0150782_13314521.jpg

見て!この一人分の量!!
e0150782_13323725.jpg

夜はしょうこちゃんの誕生日で高級チャイニーズ。めちゃめちゃおいしかった。
おいしいご飯をたべるって大事。人生3倍は幸せになるな。

久しぶりに日本語でいろんな事を語った2日間だった。
しょうこちゃんとさりなちゃんは旅好きで、本好きで、とても賢く、強い女性だった。とても素敵なふたりでした。
年下だけど憧れてしまうわ。えらいなぁ~と思って。ふたりに出会えてよかった。
またどこかで会えて、話せたらいいなぁと思う。

最初の予定とはあっちへこっちへずれて、まさか南米一周するとは思わなかったけど、帰ってきた今、こうあるべき道をたどってきたのかなと思う。
よく人生は旅だというが、まさにそれを感じた11カ月だった。
いろんな出来事が起こり、いろんな人と出会い、色々考えたり、悩んだり、それでもちっさな事でHappy016.gifになっちゃったりして、嫌なことぶぅわ~っと飛んでいって、人生の縮小図だと思った。
思ったことや、学んだこと、まとめて書きたいと思ったけどうまくまとめるのがとても大変008.gifまた時間がある時にいっぱい考えて、うまく書きたいなと思います。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-16 11:15 | S.A. Peru

San Francisco の村で・・・

ペルー、唯一陸路でセルバへ行ける町プカルパへ4時半到着。
かなりのぐねぐね道でよく寝れなかった上、まだ日が昇ってない。
明るくなってから行動しようかと思ってたら、隣にいたおばちゃんと話したら同じヤリナコチャまで行くというのでモートタクシーをシェアすることに。そして、明るくなるまで家にお邪魔させてもらう。椅子の上で爆睡してもたわ014.gif

ヤリナコチャから乗合タクシーと船という選択肢があると聞いていたので、ジャングル地帯、ここはやっぱり旅を感れる船でしょう!!と思ってたが、船はもうあまりでていないというので仕方なく乗合タクシーで行くことに。2.5ソルと安いし、いんだけどね023.gif

8時半頃サンフランシスコ村へ到着。
この小さな町には多くのシャーマンがいる。日本でいうと巫女の職に値するみたい。
シャーマンという言葉は満州からロシアのシベリア・極東に住んでいた部族のツングース語が由来で各国に広まったらしい。ペルーのジャングル地帯ではスペイン語以外にシピポという言葉を使っており、シャーマンとは言わないらしい。段階によって名前があるよう。
分かりやすくいうと、霊と交信できる精神、肉体の医者といわれているようで、ロンリープラネット(ガイドブック)にもシャーマンについて書いてある。

私は物事を必要以上に考える癖があるし、以前からメディテーション(瞑想)とか精神世界に興味のあり、ロケーションもジャングルの中の小さな村っていうこともあり行ってみようと思った。

日本人にも有名なシャーマンの一人マテオの家へ行ってみることに。
宿、3食で100ソル(約30ドル)。
本当にのんびりした村でなーーーんにもない所。そんな所がとても素敵。
何も考えずに自然の中で自分という存在を感じる。
旅をしていて、日本から遠く離れた全く違う場所にいるんだということをいつも以上に感じる。

昼間は村をぶらぶら歩いたり、チリ人の見習いシャーマン、フラビオと話したり、スペイン語の勉強したり、マクラメを作ったりする。
フラビオはいろんな精神統一法を試みていて、例えば日本式に滝にうたれたり、チリの太陽や月のセレモニーをしたり、そんな話もおもしろかったし、とても知識の豊富な人で、スペイン語で話すのでちょっと難しかったけど、英語の単語も混じりながら聞いた話はとても興味深いものでした。

マテオのセレモニーを何度か受けてみて、自分のことや、人生や大切なことをいろいろと考えさせられた。うまく説明できないけれども、ここにこれてよかったと思う。
ここの家族ともとても仲良くなり、いろいろ話し合ったりして、本当によかった。

自然たっぷりの場所にいれて、またいろんな事をクリアーに考えれて、静かに感動を覚える毎日でした。
毎日天気もよく、夕日や夜の星空がとってもきれいだった。
e0150782_12241661.jpg

e0150782_1223516.jpg

e0150782_12465941.jpg

e0150782_1224452.jpg

家で飼ってる?かわいいワンちゃん達
Negro(くろ)←名前の付け方ってどこでも一緒なんや・・・(笑)
e0150782_12243925.jpg

Bonito(かわいこちゃん)(笑)ほんまにかわいいけど。
e0150782_12242754.jpg

シピポ族の泥染め
e0150782_12245025.jpg

マテオの娘さんとその息子のサンマル・マテオ(モヒカンヘアーが超かっこいい(笑))
e0150782_12251258.jpg

よく働く若い娘さんたち
e0150782_12252642.jpg

サンマル・マテオがかんわいくって053.gifめっちゃ遊んでたら、なつかれちゃtって、お母さんに洗礼の儀式をしてあげてほしいと言われ、さっそく民族衣装に着替え、一緒にいたやまちゃんとアヤワスカの葉っぱと水で儀式を。
e0150782_12522918.jpg

そして、なんやらかんやらいっぱいお土産をもらってしまって、最後の日になっていっぱい話したりして、去っていくことがとても寂しかった。
e0150782_12254148.jpg

南米といっても色んな国があって、いろんな地域もあり、文化も違い、いろんな人がいて、出会う人やタイミングでそこの印象が変わってしまうけど、どこも嫌な場所なんかなくて、どこもいいところがあって、それぞれの良さがあるなと思った。今回は南米しかみてないけど、そこだけでもこんなに色んな場所があり、感動もあり、世界の一部でしかないかもしれないけど、それを見て、体験でき、そこから学ぶことも多く、いろんな事を感じ、考え、私は幸せだと思った。
そして、そんな私を見守ってくて、支えてくれている両親に本当感謝します。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-12 06:21 | S.A. Peru

Pucallpaに向かう

18日にメキシコ行きのチケットを取った。
南米ももうあとわずか。

息をつく暇もなく、トレッキング翌日朝6時のバスに乗り移動。
目的地はプカルパ奥の小さな村
Huaraz → Huallanca → La Union → Huanuco
     4:00       1:00      4:00       
バス4本の9時間の移動
e0150782_1149212.jpg

近くに見えてペルーは広い。そして山の中の道はぐねぐね。道のりは長いぞ。

Huanucoに着いて、一泊しようか、夜行で行こうか迷う。
また散らばったバス会社へひとつひとつ聞いて行くと、なんと!!!!005.gifデモでプカルパまでの道が封鎖されていてバスが出てないという。
またか!ほんとに多いな。
道路封鎖されて4日目というので、まあと何日か待ったら行けるかな。
疲れちゃったし、最近パソコンいじってなかったのでWifiの使えるちょっといいホテルに泊まる。
Hotel Imperial 25Sol~ 部屋でもWifiばっちり!サービス抜群!
ゆっくりするにはちょうどいいところ。

久しぶりの活気のある町。メルカード(市場)もいくつもあって、ぶらぶらするにはとても楽しい。
必要なものを買ったり、露店でご飯食べたり。見てるだけでも楽しい。
あとは部屋に閉じこもりネット。(笑)ブログの更新ができてよかった。

どうやら火曜には行けそうだ。
山いっぱいの所から、こんどはまったく違ったセルバ(ジャングル地帯)。
ひとつの国にこんだけ違う景色や気候があるっておもしろいなぁ~
南米最後の地には何が待っているだろう・・・。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-09 12:02 | S.A. Peru

Santa Cuz Trekking 2!

2日目はちょっとハードらしい。というのも3700mから4700mまで4時間かけての登りだから。
最初はゆっくりと、最後の一時間半は息がひぃひぃ~042.gif
標高4300mくらいなのに、こんなところに花が!!すごい!!しかもおっきいし、かわいらしい016.gif
リマリマっていうらしい056.gif
e0150782_1231115.jpg

10分おきくらいに、「はぁ~」と息をついて、止まって「あー苦しい」といいながら後ろを振り返る
e0150782_9291267.jpg

何度も苦しくて立ち止まり、景色を見るたびに、「うわ~すごい」と目に涙を浮かべていた。
緑色も薄く、何回も見てきたような景色なのに山の景色は飽きないし、アンデスの山のこの迫力は何度みても感動してしまう。不思議や045.gif
そして頂上らしき岩肌を発見。もうすぐか!!005.gif
そして頂上に着く。
e0150782_9205236.jpg

向こう側からは岩で隠れて見えなかった壮観な光景が!!!!
e0150782_9444652.jpg

隠れてたのでこんな景色が待ってるとは思いもせず、嬉しいSurpriseで皆キャー053.gifって喜んだ!
私も気付いたら「うっわーーすごすぎる!」018.gifと声に出していて、涙がぼろぼろこぼれてき、気持ちの悪いことにへらへらと笑いだしとった041.gif(笑)それくらいすごい景色だった。
(曇ってて写真暗いけど)
右も左もごっつい氷河やし、たっかい山々は奥まで広がり、近くには青い湖が。
e0150782_12325080.jpg

e0150782_1233351.jpg

氷河のこの力強く神秘的な感じがすごい好き。
e0150782_9442439.jpg

氷河の向こうの方では“ピキピキッ”とヒビが入る音が聞こえてくる
e0150782_10451986.jpg

目で耳で体で自然を感じる。ほんとうに美しい。

3日目も4日目も下りで、目下に広がる谷の様子がとても美しく、どこまで歩いても氷河の山々がそびえたつ。

e0150782_104530100.jpg
e0150782_10454632.jpg

考えごとをしたり、歌を歌ったり、何も考えなかったりしながら自分のペースでゆっくりと景色を堪能しながら歩く。
e0150782_12443148.jpg

朝も夜もすごく寒かったけど、皆と「寒いなぁ~」といいながら色んな話しができたことがよかった。
英語は今公用語になっているが、英語圏の人々はどこにいってもだいたい自分たちの言葉が通じるので語学の勉強がおろそかになり、他の人の努力がわかってない人が多いと思う。だから母国語が英語でない人たちにゆっくり話さないと、という考えも少ないように思う。残念だなぁ。と話す。
フランス人が英語を話したがらないのはプライドが高いだけかと思っていたけど、アメリカ人の俺たちの世界、No1精神が好きでないところからあるよう。(すべてのアメリカ人がそうであるわけではないんだけど)
そして、実はそういう人が多いということがわかった。
スペイン人のカップルも同じようなこと言ってたし、ラテンアメリカ人も自分たちの言語が好きだからそれを使いたいと思っている。大事なことだと思った。
ケベックの人たちもフランス語を話すことを大事にしてるし、スペイン人の二人もバスク地方出身で、学校でバスク語を学び大事にしていく精神を持っていると話していた。
文化交流をし、新しい文化、習慣、考えを取り入れ、グローバル化していくことは今の世の中当たり前で、世界がひとつになることは素晴らしいことだとおもう。でも、自分たちの言葉や文化、大切なものを失っていってはいけないと思った。
私たち日本人もそれがうまくできていけたらいいなと思う。

そんな話をしながら夜を過ごす。
本当に楽しかったメンバー
e0150782_11103867.jpg

ガイドのヒルメルと馬おじさん。
e0150782_11110100.jpg

帰りの車はぎゅうぎゅう詰め021.gifでもなんだかんだ女の子同士できゃっきゃいって楽しんでる私たち。
e0150782_11111850.jpg

この後、みんなでご飯を食べに行き、トレッキング自体もとてもよかったけど、いろんな言語でこんなにもたくさん文化交流できたことが本当によかったねと話す。
La vie est belle!!
=人生は最高だ 
フランス語を学んだ(笑)
本当に人生は素晴らしい。生きててよかった。南米に来れてよかった。
とてもとても感謝します
001.gif
[PR]



by hungrymiwa | 2010-08-04 09:15 | S.A. Peru

旅へ飛び出せ!!
by hungrymiwa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧