La☆La☆La☆La☆Latin

<   2010年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧




不思議の国 Cocora

サレントからJEEPに乗って30分の所にここでしか見れないすばらしい景色があるという。
なんだなんだ018.gif053.gif興味がわく私。
ジープに乗り込んでみる。素敵なおじさまたちが・・・
なんてお洒落056.gif
e0150782_15482823.jpg

くしゃぁ~ってなってかわいいおじちゃん。仕事しにいくらしい。
e0150782_15483746.jpg

走ること30分、ココラの町?に着く。ここからはトレッキングコースがあり、馬に乗ってでもいける。
雨で濡れた泥道は結構歩くのに大変だ(><)べちょべちょになりながら、こーんな橋を何度と通る。
e0150782_11211113.jpg

雨が降りそうだし、これといって特に景色がよく、おもしろい道ではなく、なーにがすばらしい景色なんだろーと思いながら歩いていた。頂上に着けども、まあ緑の中にいるしいい感じではあるけど、特別な感じはしない。
突然雨も降りだすし、頂上の小屋で休憩。
そこにかわいい4歳の女の子ときゃっきゃ遊んで041.gif、おっちゃんとこの辺の自然について教えてもろたりして、20分程待つと雨があがる。
まったく晴れない山の中。
下りは車も通れる道路だが、やっぱりどろんこ。
と、20分程くだるとあれ!?
e0150782_11271086.jpg

ヤシの木発見!
歩くとまた!
e0150782_11282568.jpg

山のあっちやこっちのいたる所にいーーーーっぱいヤシの木軍団が!!
e0150782_11292354.jpg

また、きりもでてとっても雰囲気があった。
e0150782_11294910.jpg

ひとり、見まわしながら「なにこれぇ~?すごーーーーい!なんでぇー!?」と、不思議な世界をおかしくてニヤニヤしながら、不気味に歩いていました。(笑)
終わりよければすべてよし!すばらしいハイクだった!おもしろかったぁ~053.gif

ジープでサレントの町に戻り、フルーツを買ってると「こんにちは!」と声を掛けられる。
女の子が、今大学で日本語を学んでいると恥ずかしがりながら、私に話しかける笑顔はとってもかわいかった!
サレントで日本語で声をかけられるのは二回目。不思議な気分だ。
家族で訪れているらしい。そして、みなで記念撮影(笑)
e0150782_11413238.jpg

[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-30 15:39 | S.A. Colombia

お馬に乗ってコーヒー畑まで・・・

サレントもよく雨が降る。今日も朝から雨。
昼には止んだので、散歩がてらコーヒー畑を見にいくことに。
まっすぐ歩いていると学校が見えてきて、そこを左と言われたんだけど、この道であってるのかなぁ~と不安になってき、近くの家のおっちゃんに聞いてみる。

そしたらなんと、「今娘がParestinaの村へ馬を連れて行くから、馬に乗ってきなよ!」と馬に乗せてもらえることに!
e0150782_15245531.jpg

パッカ、パッカ、パッカと心地よい音と、響きが体に伝わる。
馬って見ててもかわいいし、乗るとほんとうに気持ちいい。
マンゴ-食べる?とマンゴーをいただき、コーヒーの実の説明や、木になっているフルーツを採ってくれたりした。
谷間の景色は最高にきれい
e0150782_15253976.jpg


そして、なんと息子がコーヒー畑を持ってるから、そこへ行ったらいいよ。と息子さんの畑へ連れて行ってくれる。なにからなにまでほんとになんて親切な・・・043.gif
熟れたコーヒーの実
e0150782_15265885.jpg

中には二つ入っている。食べてもコーヒーの味はまったくしない。
e0150782_15271580.jpg

収穫中のおじいさま
e0150782_15274248.jpg

同じ種類だけど、黄色と赤があるらしい。どちらももう収穫できます。
e0150782_15275298.jpg

e0150782_15303450.jpg

村の人はコーヒー以外にも作物を育てています。めっちゃでっかいバナナ。
でもこれはPlatanoといって、Bananaと違い、調理しないと固くてしぶい。
フライにしたり、パンケーキに入れたりします。
e0150782_15304341.jpg

収穫した後は発酵させて、乾燥させます。
e0150782_15324770.jpg

ここの場所では焙煎まではしないようです。
コロンビアンコーヒー
e0150782_15343682.jpg

帰りの散歩道も素敵だった。見た事もないような植物がたくさん。
葉っぱの緑の部分がだんだんと赤になっていく感じ。
e0150782_15345573.jpg
e0150782_15351110.jpg

今日も新しいものを見て、素敵な人たちに出会えたいい日になったよ072.gif
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-29 15:16 | S.A. Colombia

コーヒーの里 Salento

コロンビアといえばコーヒーで有名。
コロンビアの中西部にZona Cafeteraと言われているコーヒー農園が広がる地帯がある。高原地帯の中にある、小さな町サレントという所に行ってみた。
泊った宿はHostel Palma(ヤシの実)というところ。家族経営で、とてもいい雰囲気。
晩御飯を作っていると、子供たちが三人ひょいと話かけてくる。
また、空手の話やら、なんやら興味しんしん!!かわいいなぁー053.gif
ニンニクを切っていると、そのうち英語でしゃべりはじめた!!どういうことだ!!
話を聞くと、コロンビア生まれだけど、アメリカに住んでいて、子供たちだけ夏休みで帰ってきているらしい。
ほんとに子供の内から語学でもなんでもやらすと、ものすごいスピードで吸収するからなぁー。なんでもやらせるべきだなぁ。
というか、私の園の子供たちもバイリンガルだったわ。彼らもすごい!あ~懐かしいなぁ。会いたい(><)
そんなことしゃべってたら、宿のオーナーがやってきて、息子もやってきて、甥までやってきて、ご飯つくる隙間を与えないくらいの質問の嵐042.gif
しまいには、日本の歌を歌ってくれと言われ「さくら」を歌うとそれに合わせてお父さんかわいく踊ってるし(大爆笑)
e0150782_1584960.jpg

その日のパスタはゆで過ぎのふにゃふにゃのまずい晩飯になってしまいました(あの中で作るほうが無理だ)042.gif

サレントの町は小さく、とてもかわいい。
e0150782_15103963.jpg
e0150782_1511453.jpg

とあるBar
e0150782_1511922.jpg

地元のカフェもたくさんある。
その中毎日行きつけになってしまったレトロなカフェ
e0150782_15124345.jpg

こんな機械でコーヒーをいれる。かっこいい!またここのお店のおじさまがすごい素敵053.gif
e0150782_1513516.jpg

普段はコーヒーあまり飲まない私だけど、せっかくなのでコロンビアではたっぷりいただいています。
落ち着くカフェも多いしね。
ただ残念なことにコロンビア国内で飲まれているコーヒーはまずまずのコーヒーだそうです。
いい豆は輸出用に作っているそうです。
作っているのはここの人なのに・・・と思うけど、それでもみんなおいしそうに飲んでいます。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-28 15:16 | S.A. Colombia

おーーーーーーーーきな石

メデジンからGuatape行きのバスに乗って2時間程に観光地がある。
El Peñoという町のLa Piedra(石)という場所である。
どうやらでかい石があるそうだ。
最初の一時間はふつーの道路だったのに、次の一時間は山の中をくねくねと、ぽつんぽつんとかわいらしい田舎の家たちを見ながら、「すーてーきぃ016.gif」とニヤニヤしながら外を見ていたら、え!?とびっくり!めちゃめちゃでかい石があるじゃないか!というより岩か。
e0150782_14365214.jpg

あまりにもでかすぎて本当にびっくりした!220mあるらしい。でかっ005.gif
La Piedraの前で下車し、坂を登る。ううっ結構きつい・・・
メデジンから上がったここの標高1800m以上の空気の薄さは結構なもんだ。
馬に乗ればよかった・・・と後悔($1でいいよ!って言われたのに・・・けちってしまった)
岩の真ん前
e0150782_14402138.jpg

700段ある階段を上る。ぜぃぜぃぜぃ~苦しい・・・

途中でビールの空き缶があった。誰がこの空気の薄い中、ビールを飲みながら階段上ってんねん!ひぇえ~
屋上に着いた!!すーーーーっごい景色!ロンプラで言うBird-eye-viewですわ。ほんまに。
e0150782_14413892.jpg

運よく晴れてきた!
e0150782_1441567.jpg

かんどうだよぉ~(><)来てよかったぁ~
e0150782_14421460.jpg
e0150782_14422376.jpg

帰りは近くの町Guatapeに寄ってみようと歩いていく。
30分程で町の入り口に!!何これぇ!?メルヘンちゃん056.gifじゃない!!
e0150782_1443068.jpg

かわいくって「ふふっ」って笑ってまうわ037.gif
e0150782_14432190.jpg
e0150782_14433423.jpg

なんだかかわいらしげな町043.gif
Plaza(必ず町の中心にある広場)に着くと移動遊園地が来ていて、とてもにぎやか!
e0150782_14442476.jpg

楽しげな子供たちをみながらビールを一杯068.gif
ひさびさのトゥクトゥクを見る。南米では初めてかも。しかも超はで!かわいい056.gif
e0150782_1445593.jpg

日帰り旅行、最高に楽しかった053.gif
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-26 14:30 | S.A. Colombia

ボテロの生まれた町 Medellin

カルタヘナからメデジンまで約13時間。超高級バス(結構新しく、いいバスなんだけど、5000円近くした)。
18時に出発し、映画を見ながら眠りに落ちる。
朝方なぜかバスが止まる。眠いので、まぁいいやとそのまま寝る。
4時間ほど経った7時もまだ止まったままだ。
どうやら昨日のものすごい量の雨で道が土砂崩れのせいもあるのか、事故があったらしい。
曲がり角の向こうの方でもくもくと異常なほどの黒い煙がでている008.gif
周りでは警官、軍隊、看護婦が走りまわっている。
やっと動き出して、目にしたものは大型トラックの真っ黒焦げになった姿と救助され、タンカーに乗せられた運転手。助かったみたいでよかった。

メデジンに着いたのは12時。むむ、ワールドカップ間に合うか!?
バスターミナルからはなんとメトロ(電車)が通っている。ブエノスアイレスの地下鉄以来じゃないかなぁー。本当に便利。
Suramericanoの駅で折り、Hostel Medellinへ。ドミ18,000ペソ。なかなかのきれいさと居心地です。キッチンめちゃめちゃキレイ(かたずけに厳しいけど。)し、庭もあり、プールテーブルもあるし、Wifiもばっちり部屋まで!安宿とは思えない。

メデジンの町はカルタヘナやボゴタと違ってとても落ち着いた町。
標高約1500mの山に囲まれた盆地、赤茶色の一色で町が染まり、ボリビアのラパスを思い出す。
e0150782_1415465.jpg

山のほうまで家がたくさんあるので町から眺める夜景もとてもきれい。
e0150782_1415374.jpg

人口も200万人いるような町には思えないくらい落ち着いている。
文化レベルはコロンビア全体的に高いように思われる。

ここはコロンビアの画家のFernando Boteroの出身地。
最もコロンビア人らしい芸術家と呼ばれている。


美術館へ行ってみよう!とわくわくし、行ってみる。
Museo de Arte Moderno(モダンアート美術館)へ行ってみる。ロンプラ2007に載ってる場所にはもうなくて、新しいところ(メトロIndustrial駅)にあるらしい。
メトロを降りて、歩いているとこんなものが!
こんなすごい人でもいろいろ考えるのね。
e0150782_142041100.jpg

おしゃれな概観の建物を発見。なんと9000ペソもする!(学生はただ)
しかし入ってみると、作品数が少ない上にまったくボテロの作品がない。
聞くと、どうやら間違った美術館に来てしまったらしい。
高いお金を払ってきたのに、とてもショックだ・・・・。
いや、私の早とちりだから仕方がない!またやってもうたわ025.gif
気を取り直し、Museo de Antioquio行ってみると、美術館の前にもうたくさんのボテロの作品がならんでる!
きゃ~053.gifなんで、顔にのってんのぉ??(笑)かわいい016.gif
e0150782_14221097.jpg
e0150782_14222583.jpg
e0150782_14223716.jpg
e0150782_14225278.jpg
e0150782_1423347.jpg

館内はボテロの作品以外も多く展示されている。音や映像のアートまであった。
ボテロのかわいいおでぶちゃん達。
e0150782_14232035.jpg
e0150782_14232927.jpg

彼が太った人々を描くことを評論家たちは物事や状況を風刺するためだと解釈するが、これについてボテロは「芸術家は理由など知らずにある形にひきつけられる。理屈をつけて正当化するのは後からすることだ」と説明しているそうです。
芸術家らしい言葉だなぁと思った。
型にはまった絵を描いている私なんか想像もできないような絵だもんなぁー。

館内はとても広く、ひさびさに見たアート作品に胸動かされ、大満足に一日が終わった。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-25 14:05 | S.A. Colombia

Fútbol Mundial 2010

さすがは南米コロンビア
どこにいっても、みんなWorld Cupを見ている
サッカーをあまり見ない私だけど、日本も出てるし、こののりのりの中やっぱり見たくなってしまう。宿屋のおっちゃんも、タクシーのおっちゃんも「日本でてるやん!強いな!HONDA! ENDO! 次はパラグアイとやな!火曜やで」と教えてくれたり、めっちゃ知ってる。

木曜のデンマーク戦で興奮しまくって、これはパラグアイ戦みないと!と、サレントの町で見る。近所のおっちゃんまで「なかなか点が決まらんなぁー。応援してるで!」とちょくちょく顔を出しに来る。(笑)
しかし、残念にもPKで負けてしまった・・・。すごい残念。
もう試合がみれないのか・・・と思うと残念で脱力。
でも、あんなに押されていたのに同点に留め、この舞台でがんばったと思う。
このワールドカップで日本て、日本人てすごいんだ!と再確認でき、誇れる国だと思った。

ちなみに南米でよく出会っていた佐藤公一さん。
ワールドカップの為南アフリカへ飛んじゃって、見てるかなぁ~と思っていたら、ばっちりテレビに映ってて、大笑いしてしまった。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-25 03:26 | S.A. Colombia

泥でくつろぐ・・・ Volcán del Lodo El Tutumo

カルタヘナからバスに乗りついで、しかもバスを一時間待って、全部で四時間かけてきましたこの町。
ちっちゃな火山があるという。
宿で知り合った塚田さんと来てみた。

バスから降りて、3キロ歩く。
緑いっぱいで素敵なところ。
e0150782_1358339.jpg

広がる川で魚を採る漁師たち。
e0150782_13594251.jpg

30分程歩いたら、バイクに乗ったおっちゃんに「ついでだから乗ってくかい?」と言われ、乗せてもらう。話をしてたらバイクタクシーの仕事をしてるのに、ただで乗せてくれたわ。(笑)
そしてこれがミニチュア火山(笑)本物の火山だけど。
e0150782_140103.jpg

下で7000ペソを払い、階段を上る。
e0150782_1403587.jpg

頂上にあるものは・・・
e0150782_1405952.jpg

なんと、ここで泥浴ができるのだ!もう誰がだれか分からへん!(笑)
上から眺める景色は素敵!湖が見える!
そして、マッサージ師がおって、チップでやってくれるのだ。気持ちいい~
泥パック~って付け過ぎて、口のなかまで泥んこ。(笑)
e0150782_1413361.jpg

最初は不思議な感じだったけど、なれるとぷか~と浮いて本当に気持ちいい!
実はここ20m以上も深さがあるらしいが、どうしてかめちゃめちゃ浮く。
このあとは湖で汚れを落とし、のぼせた私たちはかなり疲れていて、
「ああ、ここで誰か車が止まってくれて、カルタヘナ行くから乗ってきなよ!って言ってくれたらいいのにぃ」と、二人で強く願いながらとぼとぼとカンカン照りの中歩いていた。
歩くこと15分。
一台のトラックが私たちの前で止まる。
え!?いや、まさかなぁ~
とトラックへ行ってみると、しぶいおっちゃんがぶっきらぼうに「どこへ行くんだ?」と尋ねる。
「カルタヘナへ戻るのにそこのバス停まで行こうと思って・・・」というと、
「俺もカルタヘナ行くから乗ってきなよ」と。
なんと、私たちの消極的ヒッチハイクが成功したのだ!!驚き!!
無口なおっちゃんだが、むちゃくちゃ親切でわざわざレストランに寄ってくれて、ご飯買う。ビールはいらんのか?というので、お言葉に甘えてビールを飲みながら帰りました011.gifちょっと緊張したけど、ひとりじゃできなかった経験だ。

そして、おっちゃんはなんと宿の側まで送ってくれた。
ふたりで、しみじみと「ほんまにええ人やったなぁ。感謝やわ。」といいながら宿に戻る。
見返りのないこの優しさにほんと心うたれた。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-23 13:54 | S.A. Colombia

Volcán de Lodo El Tutumode

カルタヘナからバスに乗りついで、しかもバスを一時間待って、全部で四時間かけてきましたこの町。ちっちゃな火山があるという。
バスから降りて、歩く。
緑いっぱいで素敵なところ。
(1)
広がる川で魚を採る漁師たち。
(Volcano)
30分程歩いたら、バイクに乗ったおっちゃんに「ついでだから乗ってくかい?」と言われ、乗せてもらう。話をしてたらバイクタクシーの仕事をしてるのに、ただで乗せてくれたわ。(笑)
そしてこれがミニチュア火山(笑)本物の火山だけど。
(2)
下で7000ペソを払い、階段を上る。
(3)
頂上にあるものは・・・
(4)
なんと、ここで泥浴ができるのだ!もう誰がだれか分からへん!(笑)
上から眺める景色は素敵!湖が見える!
そして、マッサージ師がおって、チップでやってくれるのだ。気持ちいい~
泥パック~って付け過ぎて、口のなかまで泥んこ。(笑)
(6)
最初は不思議な感じだったけど、なれるとぷか~と浮いて本当に気持ちいい!
実はここ20m以上も深さがあるらしいが、どうしてかめちゃめちゃ浮く。
このあとは湖で汚れを落とし、のぼせた私たちはかなり疲れていて、
「ああ、ここで誰か車が止まってくれて、カルタヘナ行くから乗ってきなよ!って言ってくれたらいいのにぃ」と、強く願いながらとぼとぼとカンカン照りの中歩いていた。
歩くこと15分。
一台のトラックが私たちの前で止まる。
え!?いや、まさかなぁ~
とトラックへ行ってみると、しぶいおっちゃんがぶっきらぼうに「どこへ行くんだ?」と尋ねる。
「カルタヘナへ戻るのにそこのバス停まで行こうと思って・・・」というと、
「俺もカルタヘナ行くから乗ってきなよ」と。
なんと、私たちの消極的ヒッチハイクが成功したのだ!!驚き!!
無口なおっちゃんだが、むちゃくちゃ親切でわざわざレストランに寄ってくれて、ご飯買う。ちょっと緊張したけど、ひとりじゃできなかった経験だ。塚田さんと一緒にいれてよかったぁ。
そして、おっちゃんはなんと宿の側まで送ってくれた。
ふたりで、しみじみと「ほんまにええ人やったなぁ。感謝やわ。」といいながら宿に戻る。
見返りのないこの優しさにほんと心うたれた。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-23 13:50 | S.A. Colombia

Playa Blanca - 白い浜-

カルタヘナから一泊旅行。
船もあるらしいが、出遅れた。しかたなく、バスに乗り、渡し船で川を渡り、オートバイタクシーを使いPlaya Blancaへ。残念ながら曇気味。
e0150782_6345218.jpg
e0150782_635267.jpg

宿はだいたいどこもハンモック。
e0150782_6352738.jpg

日記を書いてると好奇心多せいな宿の子供が・・・
ペンと色鉛筆を貸してあげると喜んで一生懸命絵を描く。
e0150782_637086.jpg
e0150782_6371285.jpg
e0150782_6372787.jpg

電子辞書をみつけると、「何それ!?教えて!」というので、名前の打ち方を教えてあげると、何度も何度も嬉しそうに名前を打ってた。日本語がでてくるのも不思議でおもしろそうだった。
e0150782_6375171.jpg


その日はそれで終わってしまった。
その夜はすごいことに!!!
夜中から雨が降り出し、雷もものすごい音!!きぇーー
ここは素敵なビーチだったはず。。。。
ハンモックは揺れ、雨が風にのってはいってくる。寝れたもんじゃない!
朝になってもやまず、どうしようもないのでハンモックの中じーと待ってる。

やっと10時ころやみ、子供たちと海で遊ぶ。
e0150782_641737.jpg


帰りは無事高速船にのり帰ってくる。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-23 06:28 | S.A. Colombia

Hostal Española

Tagangaで出会ったスペイン人に教えてもらった宿。
e0150782_6252410.jpg

雰囲気もよく、台所、洗濯場(どっちも狭いが)、タオル、トイレットペーパー、せっけん、Wifiがあって15000ペソ。
e0150782_6253835.jpg

そして何よりもよかったのが、ここで働くセニョーラたち。
とにかく明るい!いつもきゃっきゃ楽しそうにしゃべり、笑ってる!!
e0150782_626416.jpg

なんて素敵!
そして、とても親切。
カルタヘナを好きにさせてくれたのはこの人達のおかげといっても過言じゃない!
旅での人との出会いは一番大きい。最後も“次来るのはお祭りの時かな!?きゃはっは!!”といいながら、素敵な笑顔をくれた。
カルタヘナの出会いは最高だった。


e0150782_6262156.jpg

[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-23 06:23 | S.A. Colombia

旅へ飛び出せ!!
by hungrymiwa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧