La☆La☆La☆La☆Latin

カテゴリ:S.A. Colombia( 27 )




インディヘナ マーケット Silvia

ポパヤンに着いたのは日曜。
サンアグスティンの宿のMarioにポパヤンなんて何もないから、サンアグスティンから直接エクアドルボーダーへ行けばいいのに!あるとしたら火曜のインディヘナの市くらいだ!と言ってたが、火曜なんてまだまだ先やし・・・・と思っていたが、San Agustinに1週間滞在したため、火曜はすぐそこであった。
せっかくだから行ってみよう!と宿で一緒になった旅人たちと3人で行く。

市はお土産物などなく、こじんまりとした市。
さっそくおっちゃんが、声をかけてきて写真撮って!という。(笑)
e0150782_1474469.jpg

それとはうって変って、インディヘナの人たちは写真があまり好きではないらしい。
こっそりと気付かれないように撮って見る。
e0150782_148867.jpg
e0150782_148172.jpg
e0150782_148278.jpg

部族によってちょっと服が違う。スカート寒くないのかなぁ。
私はちなみにパッチはいて、ダウンを着てました。
マフラーがかわいい!
e0150782_1484737.jpg

外で集まって井戸端会議。きゃぁおっちゃんたちめちゃくちゃかわいい
e0150782_14973.jpg


民族の衣装を見ると、アンデスにいるんだなぁ~と実感湧きます。
エクアドルのオタバロでも土曜に南米最大規模のインディヘナ市があるのでいってみたいとおもいます。
退屈かなと思ったPopayan生活。市やカフェでゆっくりして楽しめました。
そして!ついにたまっていたコロンビアのブログ終了~!
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-13 14:05 | S.A. Colombia

白く美しいPopayán

今日はポパヤンもあいにくの雨。しかも日曜日のため町にはほとんど人がいない。
せっかっくなので、濡れながら歩いてみる。
ほんとに人がいない!
e0150782_1403567.jpg
e0150782_1404416.jpg

「Excuse me! Can you speak Spanish?」と声をかけられる。
どうやら彼は警察官で世界中のコインをコレクションしているらしい。
残念ながら私はまったく日本円を持っていない。
「ごめんねぇ」と言うと。
「お金払うから日本帰ったら日本のコインを送っていてくれないか?集めるのが難しいんだよ!」そうだろうなぁ~。
コインコレクション家には結構会ったけど、ここまで情熱的にコレクションをしている人には初めてあった。(笑)
彼に聞くとどうやら、今日はワールドカップ決勝戦だから、ほとんど店も開いてないし、人がいないらしい。
びっくり!この娯楽をめいいっぱい楽しむ精神!
日本人に1割分けて欲しいよねぇ。過労死とかないんやろなぁ~(笑)

日が暮れ、電灯が灯りとても素敵。
人もいないし・・・とひとりビールとホットドッグを買って、道端でこの景色をみながらゆっくりする。
e0150782_1413663.jpg

暗くなるともっと素敵だ!この辺は夜歩いていても安全そう。
e0150782_1415391.jpg
e0150782_142458.jpg
e0150782_1421236.jpg
二日目の朝は晴れる。
さっそく散歩!ここも空が素敵!
e0150782_1423172.jpg
e0150782_1424020.jpg

ボゴタでもこういう人をよくみかける。よし、難しいだろうけど、よし何をしているのか聞いてみよう!
e0150782_1431454.jpg

どうやら、難しい二桁、三桁計算を簡単にできる方法を教えている。
そして、この本を買えば簡単にそれがいつでもできるようになる!というわけである。
それで、ほんまに簡単にできていたからおもしろかった。でも、私には必要ないなぁ。計算機あるし。

コロニアルだったこの町にはたくさん教会もある。
教会の落ち着いた雰囲気と神聖な感じ、そして美しい絵とステンドグラスが好きだ。
e0150782_144293.jpg

近くにある小高い丘Morroに登ってみる。
e0150782_1441986.jpg

その後は素敵なCafeを発見!
Hostel Familiaから1ブロック上った所。
e0150782_1443947.jpg

こんな所でゆっくりするのも大好き。たまっていたBlogを終わらせてしまおう!
e0150782_1445567.jpg

ここのコーヒーとブラウニー、そしてチーズケーキは最高においしかった!

そしてここの夜のお散歩大好き。(他じゃしないよ)
e0150782_1453077.jpg

何もないけど、久しぶりに一人になれて、ゆっくりしてしまったPopayanでした。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-11 13:57 | S.A. Colombia

さらばSan Agustin!!

思いがけない出会いで、結局一週間滞在してしまったサンアグスティン。
忘れられない町となりました。
本当によくしてくれたHostel MayaのMarioとYanet。
e0150782_13562261.jpg

かわいく、素直な姉妹CindyとRorena。
宿を案内してくれたかわいらしいおっちゃん。
気にいってくれて、2回もプレゼントをもらってしまった。(笑)
町の中でさりげなく会話をした町の明るく、楽しい人たち。
そして、何から何までお世話になり、大事な友達となったVilma。
みんなとの出会いが私の旅を作っていっていく。
本当にありがとう!

そしてVilmaの友達Rさん(名前忘れた。すみません)
e0150782_1357542.jpg

Popayanまでの道のりはがたがたで雨も降ってたけど、楽しい会話と素敵な景色で5時間はあっという間に過ぎていった。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-11 13:54 | S.A. Colombia

また一日、また一日・・・

5日目
翌日は起きれず・・・・014.gif
Y yo tuve resaca. 
そして二日酔いでした・・・021.gif
移動できるはずもなく・・・。

しかし、明日には移動だ!と心を決め、チケットを買いに行く。
お別れをしにCindy、Rorenaのおばさん家に行き、二日酔いの頭でいろいろ話し042.gif、「サンアグスティン帰ってきたらここに泊ったらいいから!」と優しいお言葉043.gif053.gif
そしてVilmaの家へあいさつへ。
そうすると「えー!?もういっちゃうの!?明日は土曜だから連れて行きたいところあったのに!!しかも日曜なら私の友達がPopayanに行くから車に一緒に乗って行けるし!」
「そうだ!明日、一緒にバス停行くから、そのチケット売ってもう一泊うちでしなよ!」と強引にそうなってしまう。(笑)

そして6日目の朝6時に彼女も起きてくれて、一緒にバス会社へ行く。
もし売れなかったら行くねと、一応最後の写真。おねむ美和ちゃん。
e0150782_13461714.jpg

社長が知り合いだったのでチケットキャンセル。返金。こんなちっちゃな町は皆が皆知り合いだ。

そして、ふたりでEl Estorecho(狭い)という場所へ。
その名の通り、コロンビアを南から北まで流れるRio Magdalenaの中で最も狭い2.2mという川幅なのだ。
人も少なく、Tranquilo(トランキーロ;ゆったりとした、静かな)な場所であった。
e0150782_13465053.jpg

ここ!!2.2m!!
e0150782_1347444.jpg

Vilmaも実は幼稚園の先生。
だから、スペイン語もゆくっり、すごくわかりやすくしゃべってくれるのかぁ~と納得045.gif
来年から自分で新しく幼稚園を開くらしく、「美和と一緒に働けたらどんなにいいか!気が合うから絶対うまくいくわ!戻ってきてね!」とまたかなり強引。
しかし、ほんとに彼女と気が合う。考え方や好きなこと。そんな人に世界の裏側で出会えたことにとても感謝だ。

お昼はアレパ。ベネズエラ、コロンビアでは多い、とうもろこしの粉をこねて焼いたもの。よく食べると飽きる。
e0150782_1348218.jpg

お土産やさんのかわいい人形(撮るだけ撮って買わない・・・)
e0150782_13483810.jpg

その後、またVilmaの知り合いのレストラン(ペルーで食べたクイ料理やさん)へ行く。
e0150782_1349559.jpg
e0150782_13492040.jpg

やっぱりここも素敵な空。
e0150782_13494178.jpg

更に、彼女の知り合いの眺めのいいホステル、イタリアンレストラン、友達の家(また誕生日)へはしごし、もうへっとへと042.gif

でも、彼女の私をいろんなところへ連れて行ってあげて、サンアグスティンとそこに住む人々を知ってほしいという心が素敵だと思った。
Vilmaはめちゃくちゃ明るく、まっすぐで、心から人の手助けができる人で、それを楽しみ、とても生き生きしている素敵な女性だと思った。とても憧れます。
これからもずっと連絡をとって、いろんなことを分かち合いたい大事な友達がここでできました。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-10 13:51 | S.A. Colombia

夜は誕生日Party!

寂しいけど、明日出発かな・・・と夜思ってた時にVilmaから電話が・・・
「美和!今友達の誕生日パーティなんだけど、今からタクシー呼んであげるからおいでよ!」と。
いやいや~016.gifおもしろそうではないか。ぜひ!!066.gifと急きょ参加。
ちっちゃなパーティだが、バンドもいて、盛り上がる盛り上がる!
e0150782_13404677.jpg

子供まで!(笑)
e0150782_1341613.jpg

彼が誕生日の主役、チュウチョ。のりのり。
e0150782_13412820.jpg
e0150782_1341386.jpg
e0150782_13414792.jpg

飲み物はウイスキーのみ。
この後カラオケもするのだが、さすがプロ。めちゃめちゃ歌がうまくて、聞き惚れていました。私もうまく歌いたい(><)
この日も日本の歌を歌え!と言われるが、いつも何を歌っていいのかわからんわ050.gif
日本といえば、「さくら」とか古い歌しかでてこんわ。(笑)ここでさくら歌っても・・・046.gif
のりのいいの考えとかな!なんかええ感じなのあれば教えてください。

パーティが終わったのは4時069.gif
チュウチョは二階で「ウェ~」っとうなってました020.gif
さぞかし楽しく、幸せな誕生会だったでしょう。あはは。
翌日の仕事は休んだそうです・・・。(笑)
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-08 13:37 | S.A. Colombia

もっと小さな町Isnos 4日目

明日にはサンアグスティンでようと思っていたが、Vilmaが「明日イズノスに一緒に行こう!私の妹が住んでるの。案内するよ!」と言うので、せっかくだから行くことに。
「じゃあ明日8時ね!」
早っ!!いやでも、Colombian timeのはずだから9時くらいでもいいかも。
と思いつつも、日本人の私は約束なのでちゃんと8時に行ってしまう。
(ちゃんとする子と見せかけて、日本では結構遅れて行っちゃうんだけど。日本帰ったら、南米タイム~っていっとこ。(笑))

行くと、シャワー浴びてた。
そして出発は11時。なんやそれ008.gif(笑)ほんなら、はじめっから11時集合にしましょう!
Vilmaの妹の家でお昼。かんわいぃ~マリアちゃん。
日西辞書みせてあげると、一生懸命スペイン語を読んで、「これは日本語でなんていうの?」と一緒にわいわいやってた。
e0150782_13335521.jpg

その後は滝へ連れて行ってくれて、やっぱりここも空がすごい。
まる一日スペイン語だらけでちょっと疲れちゃったけど、ここで一気に回復。
e0150782_1334234.jpg
e0150782_13343467.jpg
e0150782_1334456.jpg

CindyとRorenaもほんといい子達。親は手がかからんやろなぁーっていうくらい。
出会えてよかった043.gif
ここでゆっくりとし、サンアグスティンの町へ帰る。
さて、明日出発かな・・・
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-07 13:31 | S.A. Colombia

Parque Arqueologico 三日目

3日目はまた雨・・・あーあ今日は考古学公園に行こうと思ってたのに・・・
と朝ごはん食べてたらぴかー!と晴れる。

セントロからバスも出ているが、歩いて3㎞。車道だけど、緑がいっぱいで歩いていると気持ちがいい。
公園は15000ペソ(750円)とちょと高いけど、せっかくだし。
コロンビア、宿、食事の値段はまあまあだけど、交通機関と入場料が高め。

入場料を払い公園へ入ろうとすると軍人さんが
「帰り俺も日本に連れってってくれなぁー」と叫ぶ
「よっしゃー任しときぃ!」と手を振る(笑)
そして、てくてくと歩く
e0150782_13241826.jpg

晴れた空はやっぱりきれい。サンアグスティンの空に魅了されてしまったわ。
e0150782_1325954.jpg
e0150782_13251846.jpg

そしてA.D.6~14世紀に栄えたサンアグスティンの滅びた文化を代表する石像たち。
18世紀に入り発見されたが、多くが盗まれていた。
e0150782_13253622.jpg
e0150782_13254767.jpg

カンボジアのアンコール遺跡のクバールスピンを思い出させる川の中の彫り物。儀式場になったそう。
e0150782_1326892.jpg

さらに上へ上っていくと広場にでる。ここでひとやすみ。
ここでランチにしようと素敵な景色を見ながら、作ってきたお弁当(といっても昨日の残ったチャーハン)を食べる。
e0150782_13265052.jpg
e0150782_13265924.jpg

丘を下り、残りの遺跡を回る。
素敵なHATをかぶったおばちゃんが!(笑)
e0150782_1327221.jpg

やっぱりここでも、「ひとり旅なの?ええ!?なんで?コロンビア人は一人旅はほとんどしないよ!」とびっくりされる。
ふふ。
でも、一人旅だからこそ、こうやって現地のひととたくさん会話できて、仲良くなれたりもするんだよなぁ~。
それが一人旅の魅力。
もちろん誰かと一緒にも、ご飯を食べたり、ビール飲んだりする時楽しいし、危険なところもちょっとは安心だし、トイレ行きたい時、荷物見ててもらえるし、労働力も半分ですむだろうけど、道の行き方など毎回自分で聞いて、話してスペイン語は上達するし、誰かといて、しゃべっている時に見逃してしまいそうな、ちっちゃなことに気がついて幸せになったり043.gif、多くの事を学べているように思える。

更に下っていき、残りのかわいらしい彫刻を見る。
e0150782_13285783.jpg
e0150782_1329668.jpg

帰り道、さきほどのおばちゃまたちに会い、車で途中まで乗せてってもらう。親切だなぁ043.gif
こんな小さな親切に毎回、じーーーーんときている美和です。

ワールドカップの試合が気になりながら歩いていると、途中のレストランで流れていて、立ち止まると、おっちゃんが「入ってきて見なよ!」というので、入らせてもらい、ビール飲みながら観戦する。
すると、え!?
e0150782_13292876.jpg

娘さんがお父さんにマニキュアを塗ってるではないか!?
「日本ではしないの?」と聞かれる
いやいや、しないでしょぉ~021.gif
楽しくおしゃべりをして、帰る。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-07 13:22 | S.A. Colombia

ピチピチちゃぱちゃぱらんらんらん♪の二日目

初日がうそだったかのように2日目は雨057.gif、ふったりやんだり。
どうやらこれが今の時期の天候らしい。
しかし、コロンビア南は赤道に近いせいもあり、四季がなく、昼間は日が照れば暑く、夜は少し冷えるといった感じだ。

こんな日はゆっくり休んで、日記でも書こう。
と、屋上のハンモックで揺られていたら、一人、また一人と話しかけてき、話すのは嫌いじゃないし、ついつい長話になってしまう。
そして、結局日記は書けないまま・・・・・042.gif

でも、今日出会ったボゴタ出身の大学生CindyとRorenaはめちゃめちゃかわいかった056.gif
名前を漢字で書いてあげるときゃぁ~すっごい~と花が飛び散っていました。053.gif笑)
30過ぎるとその花も飛び散らなくなるんです。(苦笑)021.gif
そして地元の方、Vilma。三人と楽しく過ごした一日でした。

e0150782_13171539.jpg

[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-06 13:12 | S.A. Colombia

田舎大好き!San Agustin!

胸をわくわくさせサンアグスティンに着いたのは朝の8時。
とっても小さな町。サレントに引き続き私にとっていい感じの大きさである。
まだ読んでなかったLonely Planetを広げ、宿を町の中心にするか、歩くけど公園の方にしようか(きっと自然いっぱいなんだろうなぁーと思いながら)考えてると、通りすがりのおっちゃんが「いい宿知ってるから教えようか?」と案内してくれる。
町の中ではあるが、よいしょよいしょと重い荷物を背負って坂を登る。
着いたところは「Hostel Maya」。
旦那の自称スーパーマリオのMaと奥さんのジャネットのYaをとったらしい。(笑)二人ともとても気さくで家族のように接してくれる。
ホステルは新しく、とてもキレイ。屋上からの景色は抜群で、ハンモックも。おまけにあっつあつのシャワーにひさしぶりに入った!!なんて幸せ016.gif
朝ごはんを食べた後は乗馬で見どころを回ることに。
ゆっくりぽっかぽっかと歩き出す。
e0150782_1351948.jpg

空がびっくりするくらい青く、雲が乗れそうなくらいもくもくとある。
e0150782_1353978.jpg
e0150782_1355332.jpg
またまたひとりで顔が筋肉痛になりそうなくらい、にやにやしながら馬に乗ってた041.gif
3か所こうして、彫刻のある場所を巡る。彫刻もかわいい。
e0150782_1363075.jpg
e0150782_136411.jpg

でもやっぱり空がすごい
e0150782_13776.jpg

馬ちゃんもめちゃめちゃかわいい
e0150782_1372723.jpg

ゆっくり歩くとぽっぽっとお尻が跳ねる001.gif
駆け足になると、だっだっだっとお尻が痛くなる。(お尻擦り剥いて今だに痛い007.gif
ちょっと走り出すと、自分が馬と一体になったように感じ、めちゃめちゃ気持ちいい!003.gifWOW!これが馬に乗るってことかぁ~。と感動する。(はじめはびびってたけど)
しかし、馬も動物、はぁはぁ言って、汗もびっしょりだった。あんな華麗に走るのに。
ありがとうね、馬ちゃん。私すごく楽しんでいるよ053.gif
二つ目のサイトは谷間が見える。
コロンビアを流れる重要な3つの川の内の二つに挟まれた谷。
e0150782_1393139.jpg

300mはあるだろう滝が2つある
こんなに太い虹は初めて見たよ!
e0150782_13101363.jpg

そして、そこにある石像は谷を向き、太陽、月、星のすべてを見えるようにして建てられていた。
e0150782_13103824.jpg
e0150782_13104759.jpg

そして、やっぱり空がどこまでも美しい。
e0150782_1311967.jpg
e0150782_13111815.jpg

サンアグスティンにきて即、気にいってしまった016.gif
人もいいし、緑は多いし、長居してまうかな・・・
ま、気ままに行こう!そういう旅をしたいのだから。
この日はおしりが痛くてなかなか寝がえりが打ちにくかったが、馬の揺れを思い出しながら眠りにつく014.gif
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-05 13:01 | S.A. Colombia

バスターミナルで・・・

コロンビアのバスターミナル

バスを待ってる中、人がバス待ちをしてたり、行き来したりしているのをぼーっと見る。
e0150782_14142492.jpg

ふと、思う。
南米って本当にいろんな人種がいるなぁ~。
ペルー、ボリビアに多かったインディヘナ系、アルゼンチン、チリに多い白人系、奴隷で連れてこられた黒人もブラジルやコロンビアにいるし、そしてそれらの血が混ざりあったメスチソと呼ばれる人たち、それにアジア人も。
南米って、もっと人種が偏ってると思ってた。

アジア、とくに日本じゃめったに見れない光景だなぁー。不思議だなぁー。
そして自分が今ここにいることにも不思議に思えてしまう。
カナダに住んでた頃もかなり人種のるつぼだったけど、バンクーバーは結構アジア人が多かったので、そんなに珍しがられることはなかったが、南米を旅してるとよく「日本から来たの!?どれぐらい時間かかるの?なんで一人なの?China=中国人と違うの?名前漢字で書いてよ!」と良い風に珍しがり、興味深々で色々聞いてくる。
それがまた楽しい。おもしろいなぁー。

こういうこともあれば、歩いていると“よっ!チーナ!”と肩を叩いてきたり、酔っぱらった若者が「あちょー」とかカンフーの真似をしたり、ひやかしを受けたりすることもあるけど、自分が日本人で日本の事を教えれて、多くの人がすごく関心を持ってくれるのがとても嬉しい。政治の話や歴史とかもっと知ってないと(>-<)と恥ずかしくなったりもするけど、日本のいいところを実際自分が口に出して言ったり、「日本人は天才だよ!テクノロジーの開発はすごいね!」と、日本のこと褒められたりすると、自分の国を誇らしく思える。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-07-02 14:12 | S.A. Colombia

旅へ飛び出せ!!
by hungrymiwa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧