La☆La☆La☆La☆Latin

カテゴリ:S.A. Venezela( 3 )




ベネズエラの地図

e0150782_315919.gif

ブラジルとの国境サンタエレナからはいり、シウダーボリバルからカナイマへエンジェルフォールツアー
そこから2回乗り換えをし、メリダへ。
そのあと湖北にあるマラカイボへいき、そこからコロンビアへ向かう。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-07 03:08 | S.A. Venezela

Merida

さてさて、エンジェルフォールツアーを終えて、即夜行バスに乗り込む。
直接メリダ行きがなく、ここから12時間の地点(カラカスの近く)ヴァレンシアへ行く。
朝の9時に着き、メリダは夜行しかないという。
しかたなく、途中の町バリーナへローカルバスで5時間。
いい加減疲れてきました・・・002.gifふぅ
バリーナへ着くとそっこうメリダ行きのバスに乗り込み、ここからはかなりの山道。
景色はキレイのだけど、気持ち悪い・・・
でも、ひさしぶりの高い山の景色はとてもうれしい。
途中休憩は極寒!!2000mくらいきてるかも。もっと?
そして、21時メリダ着。
ほっとひといき。疲れました。

メリダでは山登りをしようと思っていたのだけど、オフシーズンで値段も高く、どうやらコロンビアでめちゃめちゃいいトレッキングがあるようなので、コロンビアまでおあずけに・・・。

もうひとつメリダで見たかったもの、それは南米最大の湖であるマラカイボ湖での音を出さない雷である。
マラカイボ湖の南西部のある決まった位置でいつも雷が光る現象は、大航海時代から存在が知られており、「マラカイボの灯台」(Faro de Maracaibo) と航海の目印になったといわれる。
なぜその現象が起きるかはまた解明されてないが、夜中常に光つづけているといわれる。
それをどうしても見たかったのだが、やはりそれもオフシーズンで人が集まらず、値段が高くなってしまう。
自力でなんとかできないかと、情報を収集したが、湖畔の集落に自分でいくのは難しそう

よし、それなら!湖に沿った道路を夜行バスで通ってみることにした。
メリダ21時発のマラカイボ(湖の北)行きに乗る。
最初の内にたっぷり寝ておいて、1時くらいから外を眺める。
そして、あ!3時くらいに湖近くまでくるとぴかぴかと光ってる!
少し遠かったけど、音もなく常に光り続ける雷はとても幻想的で感動でした。

ベネズエラというと、怖い!というイメージがあるけども、私が訪れた町は人もよく、いい雰囲気でした。
カラカスはかなりやばいと聞いたので、避けてきたけど。
ベネズエラはささっとすぎていってしまったけど、緑の多い、石油で栄えている豊かな国だと思った。
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-04 02:31 | S.A. Venezela

Salto Angel (Angel Falls)

ベネズエラと聞いて、有名な観光地と言えばギアナ高地。
ギアナ高地とはコロンビア、ベネズエラ、ガイアナ、スリナム、フランス領ギアナ、ブラジルの6か国と地域にまたがり、ほぼ垂直に切り立ったテーブルマウンテン(テプイ)が数多く点在する。
そして、テーブルマウンテンの1つ、アウヤンテプイには、世界最大の落差を持つ瀑布、エンジェルフォールがある。

行く手段としてはツアーで申し込むしかなく、セスナに乗っていかなければいけない。
7時半にお迎え。8時には空港に着くが、遅れてる人たちを待つ。
(その日の朝着いた人も勧誘するので、夜行バス着いて即の申し込みも可。前の日に申し込んだ人たちはその人たちを待たなければならない・・・。じゃあ、最初っから9時出発とかにしてほしい。)
そして、セスナに乗る。
空から見渡すギアナ高地は、セスナ代以上のものがあった。
e0150782_1524558.jpg

e0150782_1471566.jpg
e0150782_2212794.jpg

着陸寸前に左手にものすごい滝を発見!
昨日大雨が降ったせいもあり、すごい水の量!!
おもわず「うっわーー」と叫んでしまう
e0150782_1575992.jpg

カナイマという町に到着して、ゆっくりし、ご飯食べ、そして2時半、サポの滝を見にいく。
(なんだかだらーっとしたツアーだなぁー)

飛行機から見えた滝の前をボートで通り、その奥にあるのがSalto Sapo。
こっちも大迫力!
e0150782_202816.jpg

ここではなんと、滝の裏を通れちゃう!びっくり!
こんなごっつい滝…大丈夫だろうか・・・・

e0150782_225746.jpg

おおーなんて水の量!水浸しになりながら滝の裏を歩いていく。
進むにつれ、だんだんと体にかかる水の量と勢いが増してくる。
そしてだんだん目が開けられないほどになり、自分の歩いている辺りの地面しか見えない(><)
ガイドさんが途中から手でひっぱってくれて、なんとか助かった。

うわ!ここを私たちは通ってきたのか!?びっくり!
e0150782_2234596.jpg

そして、天候もよくなり、反対側から見渡す景色は言葉にもできないくらい美しいものだった。
e0150782_213953.jpg

ものすごく興奮して、感動で、これだけでもここまで来た価値があったと思った。
e0150782_265639.jpg


そして次の日、朝ごはんを食べ、また今日到着する人待ち・・・・。ゆっくりだなぁー
10時半ころ歩いて出発。
出発してから4時間、「あ!!」 あれは!!
e0150782_2191936.jpg

滝が見えてきた!しかも晴れてる!
e0150782_219401.jpg

船が着いてからジャングルの中を一時間ほど歩いて登る。
展望台に着いた!!と思ったらなんと、曇って一番上が見えない。
なんて残念・・・・。それでも、この水の量と高さはすごい!とじーっとみてると・・・
e0150782_2271464.jpg

だんだんと雲が晴れていき、
e0150782_2294764.jpg

全容が見渡せた!やっぱりすごい!なんて高さ!

いやーほんと来てよかったと思った。
いろんな景色のスケールのでかさにびっくりでした。
すごすぎて、写真には入りきれなかったよ
[PR]



by hungrymiwa | 2010-06-01 01:01 | S.A. Venezela

旅へ飛び出せ!!
by hungrymiwa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

画像一覧